新卒採用ENTRY 中途採用ENTRY

MENU

01

誰と一緒に働くか
人が素晴らしいから成長できる、
全員で進んでいける

01 なぜBiz Platformを選んだのか

もともと営業をやりたいと考えていました。営業系の会社に多数応募して内定も頂いていましたが、他社のインターンシップに参加した際、そこの社員の方とは合わないな、と感じたんです。
私は仕事以上に「誰と一緒に働くか」ということを重視していたので、BizPlatformのインターンシップに参加して、すぐに「ここの人たちと一緒にやっていきたい」と思いました。
経営層や先輩が、夢に向かって真っ直ぐに突き進んでいる、誰一人として冷めている人がおらず、情熱的に仕事に取り組んでいる。それが私には合っていると強い感銘を受けました。さらに会社には上場という夢があり、私はいずれ起業したいという夢があるので、共通の目標がある点にも共感しました。

02 BizPlatformの良さ

Biz Platformで得たもの

まず個人の成長が早いということではないでしょうか。 私が内定もらったのが9月後半。10月にはインターンシップを開始し、1~3月はほぼ毎日研修に通い、翌年4月1日からは、誰からも指示されることなく営業を開始しました。 入社当日から即戦力として働き、気持ちよく仕事をスタートすることができました。今では後輩もでき、後輩に業務を教えながらマネージメントの方も徐々に開始しています。 また変化があるというところも良さだと思います。3ヶ月間連続で同じ仕事をしているということがありません。同じ仕事をやっているとマンネリ化することもあると思いますが、弊社はベンチャー企業ですから、日々仕事が変化していきます。より良いやり方だと思えば即日、今までと全く違うやり方で一から体制変えることもあり、それが面白さに繋がっています。

03 仕事のやりがいと、自身の成長

今の仕事は、中小企業の経営者の方に士業の専門家を紹介するというものです。 さまざまな業界の業務、景気状況などを知ることができるのは経営の勉強になりますし、税務・労務の勉強にもなります。税務・労務について必ずしも詳しくなる必要はないのですが、経営者にとっての理想の税理士・社労士像はどんなものかを聞き出すためには、自分もある程度の税務や労務の知識を持っていなくてはなりません。もちろん研修の中で知識はつくので、まずはどんなトークが相手の心を掴むのかを探るのが、営業の仕事だと思います。 今日うまくいかなかったトークでも、勉強して次の日にはうまく話ができるようになったときは、本当に嬉しいものです。 もちろん独りよがりのトークではダメで、私は一度お客様に「お前のせいで契約する気が無くなった」と本気で怒られたことがあります。そのことがきっかけとなって、「お客様の立場になって考えなければならない」と気付きました。 この気付きがあったことで、以降の自分の営業スタイルが確立し、トップセールスをとれたのだと思います。

04 これから入ってくる皆さんへ

営業会社では、自分が数字をとりたいから後輩には教えない、という風潮があるところもあるかもしれません。 ですがBizPlatformでは、120%後輩に伝えます。 動画研修を導入しているのですが、一人ひとりが自分のトークを動画で残し、誰でもそれを見て勉強できるようにしています。 いい方法はどんどん取り入れて、どうしたら営業成績が上がるのかをそれぞれが考えつつ、全員で共有し、皆で営業成績を作り上げていくスタイルです。 日々の業務や他の人の動画を見て切磋琢磨できる環境は、とても刺激があると思います。 これから入ってくる後輩には、いち早く数字を取れるようになって営業の楽しさを伝えたいと思っています。 この会社は「本当に人がいい」会社です。

外から見たBizPlatformの特徴

Other Interview